ふたりは恋人

婚外恋愛の彼とのことを綴っています。許せない方はスルーでお願いします。

連休前日のお話

明日から3連休という金曜日の話です。


私は仕事で外出していました。


17時頃、彼からショートメッセージ。

『○○が終わったら、もう今日は帰っていいからね。』


ん?なんかその言葉に少しひっかかるものを感じました。


そして、18時頃に彼から電話。

『○○はまだ終わらないの?』


私『うん。あと30分くらいかかりそう。』


彼『えー?そっか。意外と時間かかるね。』


なんだか、早く終わらせて早く帰りたくて、そわそわしてるみたいな雰囲気を感じる…(>_<)


彼からまた電話。

『あとどれくらいかかりそう?』


私『あとは後片付けだけだけど、けっこうかかりそう。』


彼『後片付けだけならそんな時間かからないよね。』


また…

そんなに早く帰りたいの?

なんか予定でもあるの?


またしばらくして電話。

『俺、もう事務所でちゃったよ。』


ガーン( ̄□ ̄;)!!

やっぱり悪い予感的中だ(´;д;`)

彼ったら分かり易すぎだよ…💦


私『えーーー?⤵⤵』


彼『ごめん。でももうすぐ帰るよね?』


私『わかった、おつかれさま…💧』


ぜったい、何かある…😭💦

明日から3連休なのに、こんなにあっさり帰っちゃうなんて…(。>д<)

連休なのに、会えないのに、連絡もできないのに、あなたはさみしくないの???


部下の私をひとり置いて、上司の彼が先に帰ってしまった…

もやもやしてまだ仕事場なのに涙が出そう😢💧


仕事が終わって、わたしもトボトボと駅まで歩く。


彼の用事はなんだろう。

家族と外食?

それとも、私が知らない人と忘年会?


駅のホームに立って、うつむいて涙をこらえました。


これは、連休中きっと泣いて過ごすんだろうな…😢




そんなことを考えていると、いきなり、頭をぽんっとたたかれました。


顔を上げると彼でした。


???


勝手に涙が…(T_T)

なんで???


『どーした???』

突然の私の涙に心底びっくりしている彼。


私が電車に乗ろうとしていた駅は、彼の家の最寄り駅だったのです。

駅のホームで会ったのは、まったくの偶然でした。


彼『よかった。ここで会えて。もしかしたら会えるかなぁって思ってたんだ。』


私『お茶、お茶しよっ!』😭


私の涙と、彼の腕をグッと掴む力にちょっとびっくりしていた彼でしたが、ただならぬ気配を感じたのか(笑)

『ちょっとならいいよ』って。


コーヒーショップで隣に座ってコーヒーを飲みました。

そして、私が泣いていた理由を話すと彼は、

『ごめんね、別になにもないんだけど、なんかね、熱っぽくて💦俺、熱ない?』って、言うのです。

彼の額に手を当ててみたけど、だいじょうぶみたい。

会社の空調が暑くて体温調整がうまくいってなかったみたいな感じでした。

とりあえず、私が考えていたようなことじゃなくてよかった~😂😂😂

でも、具合が悪いならそう言ってくれればいいのにー😣



そこで、彼からのクリスマスプレゼントの話に。


彼『宿題、考えた?』

私『うーん。やっぱりアクセサリーがいいかなー。ネックレスとー😆』

彼『とー???😵』

私『ピアスとー、ピンキーリングかな。3種の神器だぁ(笑)』

彼『そんなん、俺どんなの買っていいかわかんないよ。』

私『やっぱりー?( ̄▽ ̄;)』

彼『俺に買わせると、肩凝りネックレスとエレキバンとかになるよー(^_^)』

私『それに健康サンダルつけたら健康3点セットだよね~!Σ( ̄□ ̄;)』

ふたりで大笑いでした。


クリスマスプレゼント🎄🎁3つも買ってもらうつもりはないけど、照れ隠しで3つなんて言ってしまった(^^;

彼、真に受けちゃったかな😅


泣きながら家路につくはずが、彼と笑いながらコーヒー飲んでるなんて(*^-^*)

まさに起死回生のサヨナラホームラン🎵

偶然会えてホントによかった😂

っていうか、そういうときは、

『待ってたんだよ~』って言うもんだよ(笑)

でも、嘘がつけない不器用な彼が大好きです💕