ふたりは恋人

年下の彼とのいけない恋愛の記録です。お気に召さない方はスルーでお願いします。

冷戦状態

昨日の続きです。


キレイな海をドライブして心が大きくなったような気がしました。

家に帰ってきて彼の仕事携帯にメールした。

「今日は急にお休みしてごめんなさい。明日は出社します。」

「りょーかい」すぐに返事が来ました。


LINEにも返信が来てました。

「ごめん、どれだけ言い訳してもダメだよね…」


昨日のやりとりはそれっきり。


今朝、いままで欠かしたことない「おはよう」は来なかった。

でもいつもの電車に乗ってたので、

「おはよ」挨拶だけして、ふたりとも無言…

約20分、いたたまれなかったです(>_<)


駅に着いて歩き出すと彼が

「ごめん」って。

「ごめん、俺が悪いよね。」

「俺が全部悪いよね。」


その言い方にカチンときちゃって。

「そんなこと、言ってないでしょ!」

って言い返してしまった。


だって、やっぱりなんにもわかってない。


謝って欲しいなんて思ってない。


さみしかっただけなのに。


「わたしのこと、もうどうでもいいの?興味ないの?」

って送りつけた私に、


そんなことない。わたしのこと必要だって言って欲しかった。


好きって言って欲しかった。


まぁね、朝の駅のホームでは無理だろうけどね😂


お昼ごはんなんて、ふたりで隣に座って、無言でおそばをすするという、凍りつくような光景😅

もう、笑うしかない(  ̄▽ ̄)


そういえば、ふたりとも負けず嫌い( ̄▽ ̄;)

冷戦はまだまだ続きそうだ😭😭😭